Home - 先輩社員からのメッセージ - 村田 大輔

自分が担当した製品を、 街の中で目にする喜び。

Interview

自分が担当した製品を、 街の中で目にする喜び。

技術開発統括本部 設計解析グループ

村田 大輔2009年入社

精度の高い設計をするために

自動車メーカー向けの四輪・二輪アルミホイールの製品設計と解析を行うのが、私の仕事です。お客様からいただいたデザインやご要望を受け、3次元CADを使ってモデリングを行い、強度解析や凝固解析を行います。最終的に製品図面まで仕上げます。 当社のものづくりの出発点となるのが、私が担当する製品設計です。私たちがしっかりと設計を行わないと、生産や強度試験などの後工程がスムーズに進まず、結果としてお客様に満足していただける製品を作ることが難しくなります。そうした重要性を自覚し、仕事を進める上では小さなことでも確認しながら設計の精度を高めています。一例として、仕様書を読み込んで記載内容を確実に把握し、これまでと違う内容が記載されていることがあればお客様に確認するようにしています

 

存在感のある製品に携わりたい

存在感のある製品に携わりたい

以前からクルマが好きだった私は、大学に進んだ頃から自動車業界で働きたいという思いを持っていました。その中でもアルミホイールという部品に魅力を感じた理由は、デザインやサイズの違いによってクルマの印象を変えるほどの存在感を持っていることです。そうした魅力のある部品の設計に携わりたいと思い、エンケイに入社しました。大学時代の専攻分野は振動工学で、材料系の分野には苦手意識がありましたが、設計をする上では不可欠な知識なので、その都度勉強しながら仕事に取り組んでいます。 入社した時から私がめざしてきたのは、世の中の多くのクルマに装着されるアルミホイールを自分の手で設計することです。自分が設計・解析を担当したアルミホイールが自動車やバイクに装着されて街の中を走っている光景を目にした時は、とてもうれしく思います。

                                                                                   

いちからモデルを作った時の体験

いちからモデルを作った時の体験

いちからモデルを作った時の体験

今までに経験した仕事で特に印象に残っているのは、四輪アルミホイールの設計をする際に、初めていちからモデルを作ったことです。その時は要件を満たす強度を出すことがなかなかできず、何度も形状変更しながら解析を行いました。元となるデザインを崩さずにお客様からの設計要件を満たし、なおかつ高い強度を備えたモデルを作ることが、苦労したポイントです。この時、上司や先輩と相談しながら形状を考え強度解析を行った結果、すべての要件を満たすモデルをお客様に提案することができました。

モデリングのスキルや、強度を満たすためのアプローチなど、多くのことを学んだ出来事です。 これから先、自動車の進化に伴って、ホイールに求められることも変わってくると思います。その時に大切になるのが、自分の技能や知識をさらに高め、新たなニーズに対応していくことです。責任を持って自分の仕事に取り組み、お客様へのデザイン提案や共同開発などに活かしていきたいと思います。

                                                                 

A typical daily schedule for murata

1日の仕事の流れ

    

1日の流れ

    
8:00
- 全体朝礼(一日のスケジュール確認)
8:15
- 設計実務(複数のホイールを同時進行で行うこともあり、優先順位をつけて行います。)
10:00
- mtg(作製した仮図面を基に設計内容を確認してもらう)
11:00
- 製造工場へ移動
12:00
- 昼食(工場の社員食堂にて別部署の方と情報交換をする場にもなります)
13:00
- 試作確認
15:00
- 事務所に戻り、設計実務の実施(強度解析)
18:00
- 退社