Home - 先輩社員からのメッセージ - 三浦 栄里子

仕事の楽しみを見つけるために、自ら興味を持って知識を広げる。

Interview

仕事の楽しみを見つけるために、自ら興味を持って知識を広げる。

業務統括本部 人事グループ

三浦 栄里子2009年入社

海外業務と経営企画業務を担当

人事グループの中で、私は主に海外業務と経営企画業務に携わっています。海外業務として取り組んでいるのは、海外赴任者や帰任者に関する手配業務です。海外人事の赴任・帰任日など大まかな通達を受け、ピックアップや勤務開始の日程を現地拠点と調整。フライトの手配やビザの手配などを行います。また、赴任者だけではなく、海外出張に関するビザ手配を行うことも、私の担当業務です。
一方、経営企画業務としては、さまざまな経営会議のスケジュール確認や参加者のとりまとめ、議事録の作成などを行うほか、内部統制書類や契約書などの管理や、知的財産の管理などを幅広く行っています

 

想定外の状況に対応するために

想定外の状況に対応するために

海外業務では、ビザの手続き方法などが日本とは異なり、思い通りに業務が進まないことも多くあります。また、計画的に業務を進めていても、突発的な変更が生じる場合もあります。以前、中国での手続きを進めている際に、申請直前に規定が大きく変更されたことがありました。その時に学んだのは、想定外の状況にも対応できるよう予定よりも早く仕事を進めることの大切さです。以来、どのような業務においても余裕を持って仕事を進める癖がつきました。
他に心がけているのは、どんな仕事に取り組む際も前向きにとらえ、自分の中で新しい発見や楽しみを見つけることです。たとえば知的財産に関しては、元から知識があったわけではないので、自分から興味を持って勉強してきました。最初は知識がなくても外部のセミナーなどを利用して勉強していけば、その分野の面白さを発見することができます。自分にとってプラスになる部分を探しながら、前向きな姿勢で仕事に取り組んでいます。

                                                                                   

自分の考えを受け止めてくれる会社

自分の考えを受け止めてくれる会社

自分の考えを受け止めてくれる会社

仕事を通してやりがいを感じるのは、海外の方と接する中で自分の知識や見識を広げられることです。また、日本で実施される社内監査では、グループ会社の方との懇親会も行われます。懇親会などの場で何をすれば参加する方に楽しんでいただけるのか。その方法を考え、実践していくことにもやりがいを感じます。もちろん、思った通りの結果が出ないこともありますが、まずは何事もチャレンジしてさまざまな経験をすることが大切です

迷った時に上司が「やってみれば?」と言って背中を押してくださることを、とてもありがたく感じています。
まわりの人に自分の考えを発信すれば、きちんと受け止めてくれることが、この会社の魅力です。「こんな仕事をしてみたい」「このセミナーに参加したい」という意欲を持ち、自分から行動できる人には、必ず活躍の場が与えられると思います。

                                                                 

A typical daily schedule for murata

1日の仕事の流れ

    

1日の流れ

    
8:00
- 朝礼
9:00
- 経営企画業務(前日に開催された会議の議事録作成)
11:00
- 来客対応(海外引越し業者より新たなサポートの提案を頂きます)
12:00
- 昼食(お弁当を持ってきたり、アクト内にあるレストランで昼食を取ります)
13:00
- 海外業務(出向者のビザ取得のため、必要書類を準備します)
14:00
- ミーティング(社内報についてのミーティングなどを行います。)
15:30
- 経営企画業務(作成した議事録を上司に確認していただき、その後配信)
17:20
- 経営企画業務(作成した議事録を上司に確認していただき、その後配信)